個人用ツール

ver4/関数リファレンス/BcBaser css

提供: baserCMS公式ガイド

移動: 案内, 検索

説明

CSS タグを出力する。

使い方

<?php $this->BcBaser->css( $path , [$options] ); ?>

パラメータ

(mixed)$path
CSSファイルのパス。(cssフォルダからの相対パス)拡張子は省略可。
キーを含まない値のみの配列として指定し、配列の順番の通りにCSSが読み込まれる。
先頭にスラッシュをつけた場合は、baserCMSのルートからのパスとなる。
スラッシュをつけず相対パスとした場合は、 /theme/{テーマ名}/css に該当ファイルが存在している場合、そのファイルへのパスとなる。
(mixed)$options
rel : rel属性。「import」とすると@import形式で出力する。(初期値 : 'stylesheet')
inline : 「true」を指定すると、関数を指定した箇所で一行ずつ改行して出力し、「false」を指定すると、管理画面用CSSの出力が終了してから改行を詰めて出力する。(初期値 : true)

戻り値

(string)または無し

用例

基本

/theme/{テーマ名}/css/内にある、'style.css'、'font-awesome.min.css'を読み込む。

コード

<?php $this->BcBaser->css(array(
    'style',
    'font-awesome.min.css',
)) ?>

出力

<link rel="stylesheet" type="text/css" href="/theme/mytheme/css/style.css"/>
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="/theme/mytheme/css/font-awesome.min.css"/>

応用

管理画面用cssを出力後、@import形式で'style.css'と'font-awesome.min.css'を読み込む。

コード

<?php $this->BcBaser->css(array(
    'style',
    'font-awesome.min.css',
),array(
    'rel' => 'import',
    'inline' => false
)) ?>

出力

(管理画面用CSSの出力後)
<style type="text/css">@import url(/theme/mytheme/css/style.css);</style><style type="text/css">@import url(/theme/mytheme/css/font-awesome.min.css);</style>

@importによる読み込みは、link要素よりも遅くなることが知られている(関連資料を参照)。このため、何らかの技術的な目的がない限り、relの値を指定する必要はない。

関連資料

【Sassで解決】CSSの@importはどれだけ悪影響なのか自分で試してみる | Developers.IO

類似の関数

  • js - javascriptの読み込みタグを出力する